読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみかた

女子大生が時々本を読みます

映画版 鴨川ホルモー

 

3月25日(土)にBSジャパンでやってた鴨川ホルモーの感想です🦆

 

原作読んでなかったんですが、あの万城目学さんだし変な話なんだろうなぁと思いながら録画の再生ボタン押したら案の定でした。

変な話って読者とか視聴者引き込めるかどうかで面白い話になるか、意味わかんない話になるかだと思うんです。

梶井基次郎檸檬だって引き込まれる人は面白いと思うけど、世界に入っていけなかった人は「は?」ってなると思います。名作に顕著。(人間失格とか、)

そういった点から見ると鴨川ホルモーとっても面白かったです。

あらすじはwikiに詳し〜く載ってるのでそっち見てもらって私は私なりの感想書きます!例のごとく中身はないです。

ちょっぴりネタバレ。

 

 

まず山田孝之の二浪感!男子大学生感!ぴったりきてました。原作の安倍を知らないんですが、山田孝之以外の安倍が想像できない。

栗山千明も可愛すぎた。

栗山千明が「好きだ」って言うだけで山田孝之がかっこよく見える謎の栗山千明現象。

私、他の話の筋の中にちょっと恋愛ものがはいるのがすごい好きで、鴨川ホルモーもたまらなかったです。いろいろ想像できるところがいい! 

キャストの話はこの辺にして…

よくこの小説を映画化しようと思えたなぁと思いました。もちろんいい意味で。

万城目学さんの小説って読者の想像に任せるところ多いと思うんです。(鹿男あをによししか読んでないけど。)オニとこ試合の方法とかゲロンチョリーとか。それを映画化しちゃうと一つの形に決めちゃうことになるのに… まぁそんなこと気にしてたら映画なんて作れないのかな。(あくまでも私はこの映画の作った鴨川ホルモーの形好きです。)

あと素直にストーリーが好き!

ホルモーの概念も神様と青春を混ぜ合わせた感じで面白いし、京都の四大学を玄武とか朱雀に例えるのも実在するものをうまく転がせるのは万城目さんすごいなぁと。

原作も近いうちに読みたい!

あと来週のBSジャパンのウェストサイド物語も楽しみ!